SPLYZA Motion

SPLYZA Motion

スマホで撮るだけ!AIによるマーカーレス動作分析アプリ。

アプリのテスト利用について

SPLYZA Motionはテスト利用いただくことが可能です。ご希望の方は、下記からお問い合わせください。

SPLYZA Motionはテスト利用いただくことが可能です。ご希望の方は、下記からお問い合わせください。

SPLYZA Motionとは?

概要

概要

SPLYZA Motionは「スポーツ現場で素早く動作分析を行いたい。」「中高生でも手軽にスポーツサイエンスに取り組みたい。」という要望から生まれたアプリです。iPhoneやiPadで撮影するだけで、同時のAIによりマーカーレスで動作分析ができます。

特徴

特徴

体の各部位の角度/角速度、速度/加速度、特定の位置からの距離などが簡単に測定可能です。マーカーレスかつオフラインで動作するため、実際の競技や練習中に利用することが出来ます。※2次元測定のため、研究など高い精度が求められる用途には向きません。

アプリのスクリーンショット(iPad版)

アプリのスクリーンショット

アプリの使い方

1.カメラの設定
カメラアプリでスローモーション撮影(横画面)で120fpsに設定して撮影してください。最大20秒まで。
2.アプリ起動
SPLYZA Motionを起動して動画を選択し、解析します。
3.身長の入力
解析終了後、画面右上から身長を入力します。
4.部位の選択
計測したい部位を選択します。
5.表示の切り替え
スティックモーションの表示を切り替えることも出来ます。
1.カメラの設定
カメラアプリでスローモーション撮影(横画面)で120fpsに設定して撮影してください。最大20秒まで。
2.アプリ起動
SPLYZA Motionを起動して動画を選択し、解析します。
3.身長の入力
解析終了後、画面右上から身長を入力します。
4.部位の選択
計測したい部位を選択します。
5.表示の切り替え
スティックモーションの表示を切り替えることも出来ます。

動作環境

項目 機材 OS 備考
iOSデバイス iPhoneXs(2018モデル)以降
iPhoneSE 2020モデル以降
iPad 2020モデル以降
iPad mini 2019モデル以降
iPad Air 2019モデル以降
iPad Pro 2018モデル以降 
iOS14.1以上 ※AndroidOSでのリリース予定はありません。


O
S
iOSデバイス iPhoneXs(2018モデル)以降
iPhoneSE 2020モデル以降
iPad 2020モデル以降
iPad mini 2019モデル以降
iPad Air 2019モデル以降
iPad Pro 2018モデル以降 
iOS14.1以上

FAQ(よくある質問)

Q1.おすすめの撮影方法を教えてください。
A1.カメラアプリでスローモーション撮影で、120fpsに設定してください。処理速度が遅い場合は、30fpsで撮影することで、数倍速くなりますが、投球の腕などの高速な運動の場合は、認識出来なくなる恐れがあります。
Q2.複数人いた場合、誰を認識しますか?
A2.もっとも手前に写っている人物を対象者としています。
Q3.動画の長さに制限はありますか?
A3.最大20秒まで解析します。
Q4.再生速度が正常でない時がある。
A4.他の端末から動画を受け取るとfps情報が欠落する場合があります。その場合、再生画面の右上の身長の横にでfpsを指定してください。
Q1.おすすめの撮影方法を教えてください。
A1.カメラアプリでスローモーション撮影で、120fpsに設定してください。処理速度が遅い場合は、30fpsで撮影することで、数倍速くなりますが、投球の腕などの高速な運動の場合は、認識出来なくなる恐れがあります。
Q2.複数人いた場合、誰を認識しますか?
A2.もっとも手前に写っている人物を対象者としています。
Q3.動画の長さに制限はありますか?
A3.最大20秒まで解析します。
Q4.再生速度が正常でない時がある。
A4.他の端末から動画を受け取るとfps情報が欠落する場合があります。その場合、再生画面の右上の身長の横にでfpsを指定してください。
iOSアプリダウンロードはこちら
株式会社SPLYZAのサイト