導入実績

現在30競技以上、900を超えるチームでご利用中。

サッカー

サッカー

337チーム

一覧を見る

バスケット
ボール

バスケットボール

195チーム

一覧を見る

ハンド
ボール

ハンドボール

86チーム

一覧を見る

ラグビー

ラグビー

65チーム

一覧を見る

バレー
ボール

バレーボール

52チーム

一覧を見る

ラクロス

ラクロス

25チーム

一覧を見る

アイス
ホッケー

アイスホッケー

20チーム

一覧を見る

野球

野球

20チーム

一覧を見る

サッカー
  • 矢板中央高校サッカー部

    case: 001
    矢板中央高校サッカー部

    関東プリンスリーグに所属する栃木県の強豪、矢板中央高校サッカー部。そのサッカー部で指導する金子コーチにチーム内での映像活用についてお話を伺いました。

    インタビューを読む

  • 中京大中京高校サッカー部

    case: 002
    中京大中京高校サッカー部

    2021年に全国大会への出場を果たした中京大学附属中京高等学校サッカー部。今回は大野TCにチームでの分析・トレーニングなどについてお話を伺いました。

    インタビューを読む

  • 静岡県立新居高等学校サッカー部

    case: 003
    静岡県立新居高等学校サッカー部

    双方向型のコミュニケーションを大事にし、「王国静岡で下剋上を目指す!大切にしている人材育成の為に」をコンセプトに活動している静岡県立新居高等学校サッカー部の導入事例をご紹介しています。

    導入事例詳細はこちら

  • 近畿大学附属高等学校サッカー部

    case: 004
    近畿大学附属高等学校サッカー部

    チームや教育に対して強い理念を持ち、「『全力に悔いなし』ピッチの中で考え抜けるチームへ」をコンセプトに活動している近畿大学附属高等学校サッカー部の導入事例をご紹介しています。

    導入事例詳細はこちら

  • 岐阜県立土岐商業高等学校サッカー部

    case: 005
    岐阜県立土岐商業高等学校サッカー部

    連動した守備で2023年IH県予選ベスト4まで駒を進めた土岐商業サッカー部。どうやって勝てるかを追求するチームの導入事例をご紹介しています。

    導入事例詳細はこちら

  • 近江高等学校サッカー部

    case: 006
    近江高等学校サッカー部

    琵琶湖のお膝元滋賀県から全国の大海原に挑戦し続け、SPLYZA Teamsを初期から6年以上活用している近江高等学校サッカー部の導入事例をご紹介しています。

    導入事例詳細はこちら

  • 徳島市立高等学校サッカー部

    case: 007
    徳島市立高等学校サッカー部

    「サッカーを通じて社会に貢献できる選手の育成のために」をコンセプトに活動している徳島市立高等学校サッカー部の導入事例をご紹介しています。

    導入事例詳細はこちら

サッカー(五十音順)
[JFL]
ヴェルスパ大分
FCマルヤス岡崎
ブリオベッカ浦安
Honda FC
[関東リーグ1部]
エスペランサSC
ジョイフル本田つくばFC
東京23FC
東京ユナイテッドFC
栃木シティFC
VONDS市原FC
流通経済大学ドラゴンズ龍ケ崎
[社会人]
ENEOS水島
南葛SC
[日本代表]
デフサッカー女子代表
[大学]
国際武道大学
和歌山大学
[高校]
愛知高校
愛知県立豊野高校
安城学園高校(女子)
岩手県立盛岡商業高校
上宮太子高校
愛媛県立今治東中等教育学校
愛媛県立八幡浜工業高校
近江高校
大阪商業大学高校
大阪商業大学堺高校
大阪府立岸和田高校
大阪府立刀根山高校
鹿児島城西高校
神奈川県立大磯高校
神奈川県立相模原弥栄高校
神奈川県立多摩高校
神奈川県立鶴嶺高校
神奈川県立大和高校
関西大学北陽高校
関東学園大学附属高校
岐阜県立各務原高校
岐阜県立中津高校
京都府立桂高校
京都府立城陽高校
京都府立莵道高校
近畿大学附属高校
クラーク記念国際高校神戸三宮キャンパス
群馬県立高崎商業高校
群馬県立前橋東高校
啓新高校
KBC学園未来高校
神戸科学技術高校
神戸星城高校
さいたま市立浦和南高校
佐賀県立鳥栖工業高校
佐賀県立神埼高校(女子)
酒田南高校
静岡県立新居高校
静岡県立相良高校
静岡県立静岡商業高校
静岡県立富岳館高校
淑徳高校
正智深谷高校
常総学院高校
如水館高校
精華高校
聖カピタニオ女子高校(女子)
関市立関商工高校
千葉県立八千代高校
中京大学附属中京高校
鎮西学院高校
東大寺学園高校
徳島市立高校
栃木県立小山高校
鳥取県立倉吉北高校
鳥取城北高校(女子)
富山県立富山中部高校
長崎県立大村高校
長崎日本大学高校
奈良育英高校
西宮市立西宮高校
日本航空石川高校
日本航空高校山梨
姫路女学院高校(女子)
平塚学園高校
広島県立皆実高校(女子)
兵庫県立兵庫工業高校
富士市立高校
武南高校
北海高校
益田東高校
矢板中央高校
履正社高校
流通経済大学付属柏高校
和歌山県立田辺高校
早稲田大学本庄高等学院
[中学校/ジュニアユース]
FC LAZO
おおぞらサッカークラブ
金沢学院大学附属中学校
東海大学菅生高校中等部
日章学園中学校
[小学校/スクール]
Cadenza football community
バスケットボール
  • 藤枝明誠高校バスケットボール部

    case: 001
    藤枝明誠高校バスケットボール部

    2019年に新人戦東海大会で優勝し、2022年インターハイでは全国ベスト4まで駒を進めた藤枝明誠高校男子バスケットボール部。全国の強豪校相手に競り勝ってきた軌跡を金本監督と選手たちにお話を伺いました。

    インタビューを読む

  • 佐々木監督

    case: 002
    専修大学バスケットボール部

    2018年は関東リーグ戦3位、14年ぶりのインカレ決勝進出を果たし、準優勝という結果を残した専修大学バスケットボール部SOARERES(ソアラーズ)。そんな強豪チームを36歳の若さで率いる佐々木監督にお話を伺いました。

    インタビューを読む

  • 法政大学第二高等学校女子バスケットボール部

    case: 003
    法政大学第二高等学校女子バスケットボール部

    『仲間とともに「なりうる最高の自分・チームへ」!』をコンセプトに活動している法政大学第二高等学校女子バスケットボール部の導入事例をご紹介しています。

    導入事例詳細はこちら

  • 東京成徳大学高等学校女子バスケットボール部

    case: 004
    東京成徳大学高等学校女子バスケットボール部

    『「無限なる努力」“勝利“と”選手の主体的参加“を両立するチームづくり』をコンセプトに活動している東京成徳大学高等学校女子バスケットボール部の導入事例をご紹介しています。

    導入事例詳細はこちら

バスケットボール(五十音順)
[大学]
鹿屋体育大学(女子)
環太平洋大学(男子・女子)
専修大学(男子)
浜松学院大学(男子)
[高校]
秋田県立湯沢翔北高等学校(女子)
茨城県立麻生高校(女子)
大阪府立汎愛高校(女子)
鹿児島県立伊集院高校(女子)
鹿児島高専高校(男子)
神奈川県立厚木北高校(男子)
神奈川県立茅ケ崎北陵高校(男子)
金沢高校(女子)
岐阜県富田高校(男子)
近畿大学附属高校(男子)
鵠沼高校(女子)
久留米学園高校(女子)
群馬県立館林高校(男子)
慶應義塾志木高校(男子)
神戸科学技術高校(男子)
駒澤大学高校(女子)
埼玉県立草加高校(男子)
さいたま市立浦和南高校(女子)
佐賀県立唐津工業高校(男子)
昌平高校(女子)
実践学園高校(男子)
創成館高校(男子・女子)
大成女子高校(女子)
千葉経済大学附属高校(女子)
つくば秀英高校(男子)
東海大学菅生高校(男子)
東海大学付属熊本星翔高校(女子)
東京成徳大学高校(女子)
東京都立駒場高校(女子)
東京都立目黒高校(女子)
栃木県立小山南高校(男子)
鳥取県立米子工業高校(男子)
鳥取県立米子東高校(男子)
豊田大谷高校(男子)
長野県立飯田風越高校(男子)
名古屋高校(男子)
新潟産業大学附属高校(女子)
日章学園高校(女子)
白鵬大学足利高校シーガルス(男子)
八王子学園八王子高校(女子)
八戸学院光星高校(男子)
浜松開誠館高校(女子)
東筑紫学園高校(女子)
兵庫県立明石南高校(男子)
兵庫県立宝塚西高校(男子)
飛龍高校(男子)
藤枝明誠高校(男子)
古川学園高校(男子)
法政大学第二高校(女子)
北海道旭川工業高等学校(男子)
宮崎県立都城泉ヶ丘高校(女子)
山形県立東桜学館高校(男子)
山形県立山形中央高校(女子)
山形県立山形西高校(女子)
横浜清風高校(女子)
早稲田大学高等学院(男子)
[中学校/ジュニアユース]
501st Basketball Club
Sprite(女子)
I.girls/山口県(女子)
アースフレンズ東京Z U15/U18
実践学園中学校(男子)
高川学園中学校(女子)
浜松開誠館中学校(女子)
ハンドボール
  • アナリスト三石さん

    case: 001
    アナリスト三石さん

    中京大学男子ハンドボール部で選手兼アナリストとして活躍された三石祐馬さん。ハンドボール部のない高校に通っていた三石さんが、強豪大ハンド部でアナリストを始めることになったきっかけや実際の活動内容、そしてアナリストとして意識していたことなどをうかがいました。

    インタビューを読む

  • 高水高校女子ハンドボール部

    case: 002
    高水高校女子ハンドボール部

    『「辛抱・感謝・徹底」ハンドボールを通した人間的成長のために』をコンセプトに活動している高水高校女子ハンドボール部の導入事例をご紹介しています。

    導入事例詳細はこちら

  • 岐阜市立岐阜商業高等学校男子ハンドボール部

    case: 003
    岐阜市立岐阜商業高等学校男子ハンドボール部

    2022年から2年連続でIH県優勝を決めた市岐商男子ハンドボール部。ALL for WINというスローガンを掲げて全国ベスト8を目指すチームの導入事例をご紹介します。

    導入事例詳細はこちら

ハンドボール(五十音順)
[大学]
環太平洋大学(男子・女子)
慶應大学医薬看(男子)
順天堂大学医学部(男子)
中京大学(男子)
[高校]
大阪商業大学堺高校(男子・女子)
大阪府立岸和田高校(女子)
学校法人福島高校(女子)
関東第一高校(男子)
岐阜市立岐阜商業高校(男子)
群馬県立富岡高校(男子)
山陽高校(男子)
静岡学園高校(男子)
昭和学院高校(女子)
高水高校(女子)
筑紫女学園高校(女子)
東海大学菅生高校(男子)
鳥取県立境高校(男子)
名古屋経済大学附属市邨高校(女子)
明星高等学校(女子)
山口県立徳山商工高校(男子)
山口県立華陵高校(女子)
横浜創英高校(男子)
ラグビー
  • 西田創ヘッドコーチ

    case: 001
    立教大学体育会ラグビー部

    2017年10月からSPLYZA Teamsをご利用いただいており、関東大学対抗戦Bリーグに所属。 現在7連勝で優勝を決め、A・B入れ替え戦に臨む立教大学体育会ラグビー部。 ヘッドコーチとしてチームをまとめる西田HCにお話を伺いました。

    インタビューを読む

  • 筑紫高校ラグビー部

    case: 002
    筑紫高校ラグビー部

    今まではコーチだけで作業が完結していましたがSPLYZA Teamsを導入したことにより選手が主体的に分析に取り組むようになりました。また定量的にグラフを可視化できるので、選手のモチベーションアップにも繋がっています。
    (筑紫高校ラグビー部 藤木佳行ヘッドコーチ)

  • 東京高等学校ラグビー部

    case: 003
    東京高等学校ラグビー部

    選手主体の映像分析の取り組みを続け、花園出場返り咲きを目指す東京高校ラグビー部の導入事例をご紹介します。

    導入事例詳細はこちら

  • 東京高等学校ラグビー部

    case: 004
    BIG BLUES八千代ベイ東京

    ラグビートップイーストリーグCグループに所属し、千葉県八千代市を拠点に活動しているBIG BLUES八千代ベイ東京の導入事例をご紹介します。

    導入事例詳細はこちら

ラグビー(五十音順)
[社会人]
島津製作所
BIG BLUES八千代ベイ東京
横河武蔵野Artemi-Stars
[大学]
環太平洋大学
関東学園大学
京都大学
摂南大学
防衛大学
立教大学
[高校]
沖縄県立読谷高等学校
尾道高校
関西学院高等部
京都市立京都工学院高校
京都成章高校
慶應義塾高校
佐賀県立佐賀工業高校
滋賀学園高校
静岡県立浜松工業高校
静岡聖光学院高校
昌平高校
高鍋高校
桐蔭学園高校
東海大学附属甲府高校
東海大学附属相模高校
東京高校
名古屋高校
奈良県立御所実業高校
奈良工業高等専門学校
福岡県立筑紫高校
宮崎県立宮崎西高校
茗溪学園高校
明治大学付属中野八王子高校
目黒学院高校
バレーボール
  • 九州国際大学付属高校男子バレーボール部

    case: 001
    九国大付属高校男子バレーボール部

    全国大会を目指す九州国際大学付属高校男子バレーボール部の田中監督と、実際にSPLYZA Teamsを導入し活用することでチーム内の変化を感じている2名の選手にインタビューを行いました。

    インタビューを読む

  • 大阪高等学校男子バレーボール部

    case: 002
    大阪高等学校男子バレーボール部

    「為せば成る」をスローガンに、大阪府ベスト16・近畿大会出場を目指して活動している大阪高等学校男子バレーボール部の導入事例をご紹介しています。

    導入事例詳細はこちら

バレーボール(五十音順)
[社会人]
トヨタ自動車(ビーチバレーボール)
つくし(ママさんバレー)
[高校]
綾羽高校(女子)
岩手県立花巻南高校(女子)
沖縄県立八重山商工高校(男子)
九州国際大学付属高校(男子)
小松大谷高校(男子)
山陽学園高校(女子)
滋賀県立草津東高校(女子)
ラクロス
  • 立教大学女子ラクロス部

    case: 001
    立教大学女子ラクロス部

    2019年の全日本大学選手権優勝で創部初優勝した立教大学女子ラクロス部。コロナ禍における自粛期間中にチームメンバーで話し合い分析班を立ち上げ、その中で自チーム分析を担当している4名の選手にSPLYZA Teamsの活用方法や今後の目標についてお話を伺いました。

    インタビューを読む

  • ラクロス日本代表

    case: 002
    ラクロス日本代表

    限られた分析リソースのなか、ラクロス日本代表ではSPLYZA Teamsの機能と学生サポーターの皆さんを巻き込んだ「日本代表アナライジングサポーター制度」を活用しました。そんな世界大会での取り組みを日経クロステック様に掲載いただいております。

    日経xTECHの記事を読む

  • 東洋大学女子ラクロス部

    case: 003
    東洋大学女子ラクロス部

    2023年度から力を入れ始めたデータ分析をさらに深め、2024年の関東学生ラクロスリーグ戦では悲願の1部昇格を目指す、東洋大学女子ラクロス部の導入事例をご紹介しています。

    導入事例詳細はこちら

  • 中央大学男子ラクロス部

    case: 004
    中央大学男子ラクロス部

    2018年からSPLYZA Teamsを利用している中央大学男子ラクロス部。2024年は「マクレ」というスローガンを掲げ、学生日本一を目指すチームの導入事例をご紹介しています。

    導入事例詳細はこちら

  • 日本体育大学女子ラクロス部

    case: 005
    日本体育大学女子ラクロス部

    2023年の関東地区学生ラクロスリーグ戦・女子の部で優勝し、その後11月に開催されたラクロス全日本大学選手権大会でも2大会ぶり3回目の優勝を果たした日本体育大学女子ラクロス部。大学日本一となったシーズンについて、次期主将の田巻さん(3年)にお話をうかがいました。

    インタビューを読む

ラクロス(五十音順)
[大学]
青山学院大学(男子)
愛媛大学(男子)
大阪大学(男子)
岡山大学(男子)
北九州市立大学(女子)
九州大学(女子)
慶應義塾大学(男子)
中央大学(男子)
東京理科大学(男子)
東北大学(男子)
東洋大学(女子)
名古屋大学(男子)
南山大学(男子)
日本体育大学(女子)
福岡女学院大学(女子)
明治学院大学(男子)
立教大学(女子)
立命館大学(男子)
[日本代表]
ラクロス男子日本代表
ラクロス女子U19日本代表
その他の種目
アイスホッケー(五十音順)
スマイルジャパン(女子日本代表)
SEIBUプリンセスラビッツ(女子日本リーグ)
青山学院大学(男子)
専修大学(男子)
東京女子体育大学(女子)
東京都市大学(男子)
東洋大学(男子)
法政大学(男子)
立命館大学(男子)
北海道苫小牧東高校(男子)
早稲田実業高校(男子)
野球/ソフトボール(五十音順)
愛媛大学(男子/硬式野球)
大阪大学(男子/硬式野球)
東北福祉大学(女子/ソフトボール)
中京大学(女子/ソフトボール)
テニス(五十音順)
JTA Doubles Support(日本代表)
大阪体育大学(女子)
鹿屋体育大学(女子)
福徳学院高校(女子)
アルティメット(五十音順)
Nomadic Tribe
U.C.ABLAZERS
アルティメット社会人クラブチーム MUD
文化シヤッターBuzz Bullets
フィールドホッケー(五十音順)
立教大学(男子)
名古屋国際高校(男子)
北海学園札幌高校(男子)
剣道(五十音順)
神奈川県立柏陽高校(男子・女子)
東海大学附属甲府高校(男子・女子)
フットサル(五十音順)
デフフットサル(女子日本代表)
Revolution Futsal Community 千代田
柔道(五十音順)
鹿屋体育大学
創志学園高校
マーチングバンド(五十音順)
環太平洋大学
鵠沼高校
卓球(五十音順)
鳥取敬愛高校
レスリング(五十音順)
八戸学院光星高校
カヌーポロ(五十音順)
カヌーポロ男子U21
チアリーディング(五十音順)
昌平高校
バトン(五十音順)
さいたま市立浦和高校

SPLYZA Teamsサービス説明セミナー(競技別・各30分)はこちら